30代なのに白髪が凄い!男性だけど白髪や身だしなみは必須!自然に染まるオススメのトリートメントとは?

白髪だらけの男の髪をバッチリ染める非常識なトリートメント

30代男性が白髪を染める頻度は?面倒くさくない染め方とは?

2016年11月27日 15時00分

lplp_9.jpg

↓ ↓ ↓

オススメの白髪染めトリートメントの詳細を見る






白髪が気になりだすのは、
男性の場合、平均して37.4歳。


気になりだすと、放置できないのが、白髪です。


若々しさを演出していても、
白髪が目立つと、見た目年齢は、
ぐっと上がってしまいます。


白髪を染める頻度は、
どのくらいが良いでしょうか?


面倒くさくない染め方は、どのようなものでしょうか?
 


分け目や生え際の白髪が気になり始めるのはどの位?

shiraga_67.jpg


髪の毛は、3日で1ミリ伸びるとされています。


1ヶ月で1センチ。


男性の場合、女性よりも髪が短いため、
白髪が1センチ伸びると、かなり気になります。


白髪染めをして、
3週間も経つと、そろそろ、
生え際や分け目の白髪が
気になってくる
という男性が、多いようです。


全体に白髪が多めの場合は、
2週間くらい経つと、白髪が気になってきます。

 

市販の白髪染めで1ヶ月に1回染めてませんか?

matsukiyo.jpg


髪が短いほど、白髪は目立ちます。


そのため、散髪後に、
白髪染めをする男性が、多い
ようです。


髪が短い段階で、色を入れると、
目立ちにくいというメリットがあります。


ただし、市販の白髪染めを使っている場合、
白髪を染める頻度が、
1ヶ月に1回というのは、多すぎます。


市販の白髪染めには、
刺激性の強い染毛剤が使われているためです。


刺激性の強い染毛剤は、
髪の毛のキューティクルをこじ開けて、
色素を入れていきます。


髪は傷みます。


また、頭皮にも、悪影響があります。


薄毛につながる可能性があります。

 

安心して染めるなら市販の白髪染めよりもトリートメントタイプ

shiraga_69.jpg


白髪が気になったら、
その都度、染められるのが、
トリートメントタイプの白髪染めです。


トリートメントタイプの白髪染めには、
刺激性の強い染毛剤が使われていません。


また、
トリートメント効果が高いものが多いので、
使うにつれて、髪がサラサラになります。


トリートメントタイプの白髪染めだと、
1回色が入ると、その後は、2週間くらい、
そのままにしている人が、多いようです。


白髪を染める頻度は、
自分で白髪が気になった時で、大丈夫です。



白髪を染めるトリートメントはシャンプー前か後か?

shiraga_68.jpg


トリートメントタイプの白髪染めは、
髪に液を塗って、放置し、
その後、シャワーですすぐのが、定番です。


放置する間、
シャワーキャップを被っておくと、
色が入りやすくなります。


一番悩むのが、
トリートメントを塗るタイミングです。


シャンプー前の乾いた髪が良いのか?


シャンプー後の半乾きの髪が良いのか?



トリートメントタイプの白髪染めで、
簡単に染まると評判の、
ルプルプヘアカラートリートメントで、
考えてみましょう。

 

ルプルプヘアカラートリートメントでしっかり白髪を染めるには?

shiraga_70.jpg


しっかりと色を入れたい時には、
シャンプー前の乾いた髪に塗って、
20~30分放置します。


放置時間を短くしたい時には、
シャンプー後に、
トリートメントを塗ります。


放置時間は、
ルプルプヘアカラートリートメントなら、
10分ほど。


シャンプーを済ませ、
ルプルプヘアカラートリートメントを塗って、
シャワーキャップを被って、
湯船に浸かったり、
体を洗ったりしていると、10分経ちます。


十分にすすぎましょう。


ルプルプヘアカラートリートメントなら、
適度に白髪が染まっています。




 
lplp.jpg
 



ルプルプヘアカラートリートメントの詳細を見る